2007年12月20日木曜日

 

【PHP】プログラムのエラー出力とログ

公開したシステムのプログラムエラーなどは表示しないべきである。
セキュリティ上もユーザ側の視点からも。
代わりにエラー出力をログファイルに書き出しておく。


<?php
   error_reporting(0);//全てのエラー出力をオフ
?>

error_reporting()関数でPHPエラーの出力を制御する。
出力するエラーのレベルを設定できる。
例では全てのエラー出力をオフ。
関数リファレンス:error_reporting


<?php
   set_error_handler(callback $error_handler  [, int $error_types  ] );//全てのエラー出力をオフ
?>

set_error_handler()関数はエラーが生じたときに実行する処理の関数を定義できる。
最初に一度呼び出しておく。
エラー関数は自分で自由に定義する。第二引数に、エラー関数を実行するエラーレベルを設定できる。デフォルトでは全てのエラー発生時。
関数リファレンス:set_error_handler

PHP Manual
エラー処理およびログ記録関数
Example#1 スクリプト内でのエラー処理


<?php
// 自分のエラーハンドリングを行います
error_reporting(0);

// ユーザーの定義したエラーハンドリング関数
function userErrorHandler($errno, $errmsg, $filename, $linenum, $vars) 
{
    // エラーエントリのタイムスタンプ
    $dt = date("Y-m-d H:i:s (T)");

    // エラー文字列の連想配列を定義します。
    // 実際のところ、考慮する必要があるのは
    // E_WARNING、E_NOTICE、E_USER_ERROR、
    // E_USER_WARNING そして E_USER_NOTICE だけです。
    $errortype = array (
                E_ERROR              => 'Error',
                E_WARNING            => 'Warning',
                E_PARSE              => 'Parsing Error',
                E_NOTICE             => 'Notice',
                E_CORE_ERROR         => 'Core Error',
                E_CORE_WARNING       => 'Core Warning',
                E_COMPILE_ERROR      => 'Compile Error',
                E_COMPILE_WARNING    => 'Compile Warning',
                E_USER_ERROR         => 'User Error',
                E_USER_WARNING       => 'User Warning',
                E_USER_NOTICE        => 'User Notice',
                E_STRICT             => 'Runtime Notice',
                E_RECOVERABLE_ERROR  => 'Catchable Fatal Error'
                );
    // set of errors for which a var trace will be saved
    $user_errors = array(E_USER_ERROR, E_USER_WARNING, E_USER_NOTICE);
    
    $err = "\n";
    $err .= "\t" . $dt . "\n";
    $err .= "\t" . $errno . "\n";
    $err .= "\t" . $errortype[$errno] . "\n";
    $err .= "\t" . $errmsg . "\n";
    $err .= "\t" . $filename . "\n";
    $err .= "\t" . $linenum . "\n";

    if (in_array($errno, $user_errors)) {
        $err .= "\t" . wddx_serialize_value($vars, "Variables") . "\n";
    }
    $err .= "\n\n";
    
    // テスト用
    // echo $err;

    // エラーログを保存し、重大なユーザーエラーは自分にメールする
    error_log($err, 3, "/usr/local/php4/error.log");
    if ($errno == E_USER_ERROR) {
        mail("phpdev@example.com", "Critical User Error", $err);
    }
}

//  動作確認 - エラーを発生させる関数
function distance($vect1, $vect2) 
{
    if (!is_array($vect1) || !is_array($vect2)) {
        trigger_error("Incorrect parameters, arrays expected", E_USER_ERROR);
        return NULL;
    }

    if (count($vect1) != count($vect2)) {
        trigger_error("Vectors need to be of the same size", E_USER_ERROR);
        return NULL;
    }

    for ($i=0; $i<count($vect1); $i++) {
        $c1 = $vect1[$i]; $c2 = $vect2[$i];
        $d = 0.0;
        if (!is_numeric($c1)) {
            trigger_error("Coordinate $i in vector 1 is not a number, using zero", 
                            E_USER_WARNING);
            $c1 = 0.0;
        }
        if (!is_numeric($c2)) {
            trigger_error("Coordinate $i in vector 2 is not a number, using zero", 
                            E_USER_WARNING);
            $c2 = 0.0;
        }
        $d += $c2*$c2 - $c1*$c1;
    }
    return sqrt($d);
}

$old_error_handler = set_error_handler("userErrorHandler");

// 未定義定数による警告の生成
$t = I_AM_NOT_DEFINED;

// いくつかの「ベクタ」定義
$a = array(2, 3, "foo");
$b = array(5.5, 4.3, -1.6);
$c = array(1, -3);

// ユーザエラーの生成
$t1 = distance($c, $b) . "\n";

// 他のユーザエラーの生成
$t2 = distance($b, "i am not an array") . "\n";

// 警告の生成
$t3 = distance($a, $b) . "\n";
?>

ラベル: ,


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google