2008年6月22日日曜日

 

【Symfony】PEARによるインストール

svnによるインストール方法もあります。以下参照。
symfony のインストール - ymfony book 日本語ドキュメント
SVNリポジトリからsymfonyをチェックアウトする - The Definitive Guide to symfonyの下翻訳
symfonyのインストール - symfonyの奏でかた

PEARを最新に更新する

ルートディレクトリあたりで以下のコマンド実行。

$ pear upgrade PEAR

SymfonyチャネルをPEARに追加

続けて以下のコマンドでSymfonyチャネルを追加。

$ pear channel-discover pear.symfony-project.com

このチャンネル内で利用可能なライブラリを確認。Symfonyが追加されてることを確認。

$ pear remote-list -c symfony

Symfonyインストール

$ pear install symfony/symfony

成功すればインストール完了。 以下のコマンドで確認。

// Symfonyのバージョンを調べるコマンド
$ symfony -V
// コマンドラインから呼び出せるタスク取得
$ symfony -T

以降、システムの構築にはsymfonyコマンドを使って行う。
Symfonyがインストールされたディレクトリは以下のコマンドで取得。

$ pear config-show

インストールディレクトリのカスタマイズ設定

以下の3つはインストール先を好きな場所に設定可能。

$ pear config-set doc_dir [ドキュメントディレクトリ]
$ pear config-set data_dir [スケルトン・モジュール等ディレクトリ]
$ pear config-set test_dir [テストディレクトリ]

以上はSSHでログインしてコマンド実行したが、用意したサーバがXREAなのでデフォルトでSymfonyがインストールされている。XREAでのSymfony設定は別記する。
準備が整ったので、Symfonyを使ったシステムを構築していきます。

ラベル:


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google