2008年9月3日水曜日

 

【Perl】すぐわかるオブジェクト指向Perl~その1

参考書

すぐわかる オブジェクト指向 Perl - 深沢 千尋 (著)

変数はメモリ上に領域を持っている。
領域はメモリアドレスといわれる番地が割り当てられている。
スカラ変数$xがあるとき、¥$x$xを指す。これをリファレンスという。
¥$xで得られるのは$xを参照する値。¥$xリファレンス変数
リファレンス変数にはデバッグ文字列という値が入る。
これはリファレンス先が判りやすい様にPerlが変換したもので実際にその文字列が入ってる訳ではない
$x=1;
//¥$x=SCALAR(0x182408c)
$y$xのリファレンス変数である時、$$y$xの値にアクセスできる
$x=1;
$y=¥$x;
$$y=5;
//$x=5;
リファレンス($y)からリファレント($x)の値を得ることをデリファレンス($$y)という。
ref関数
引数で与えられた変数がリファレンスであればリファレントの種類を返す。
リファレンスでなければ、undefを返す。
use strict;
又は
use strict 'refs';
で文字列のデリファレンスを禁止
無名リファレンス
¥5は数値5へのリファレンス。
¥'hoge'は文字列hogeへのリファレンス。
これらを無名リファレンスという
※間違いの指摘お待ちしております。

ラベル:


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google