2008年9月18日木曜日

 

さくらサーバにSubversionインストール(※追記:2009/06/16)

さくら共有にSubversionクライアントを入れる - それなりブログ
Subversionをさくらインターネットにインストール - 空繰再繰

上記リンク先を参考にインストール。インストールするものが何だか多い。
別のサイトにはbashですべて実行しろとあったので、インストールする前に起動。

$ bash

念のため最新版を利用した方が良さそうかも。

Subversion - Tigris.org
「Get Subversion -> subversion -> Source code」から。
SWIG
subversionで使用するには1.3.29がいいらしいからそのままで良いか。SVN instructions
Index of /dist/apr
リリースはapr-1.3.3.tar.bz2とapr-util-1.3.4.tar.bz2かな。
※追記:2009/06/16

手順

$ mkdir -p $HOME/local/src
$ setenv PATH $HOME/local/bin:$PATH
$ setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/lib
$ bash
$ cd $HOME/local/src
APR(Apache Portable Runtime) インストール

「apr-1.3.5.tar.gz」をインストール。

/* APR インストール・コマンド */
$ $ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-1.3.5.tar.gz
$ tar zvxf apr-1.3.5.tar.gz
$ cd apr-1.3.5
$ ./configure --prefix=$HOME/local --disable-static
$ make
$ make install
APR-util インストール

「apr-util-1.3.7.tar.gz」をインストール。

/* APR-util インストール・コマンド */
$ cd $HOME/local/src
$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-util-1.3.7.tar.gz
$ tar zvxf apr-util-1.3.7.tar.gz
$ cd apr-util-1.3.7
$ ./configure --prefix=$HOME/local --with-apr=$HOME/local --disable-static \
--with-expat=/usr/local --with-iconv=/usr/local
$ make
$ make install
neon インストール

「neon-0.28.4.tar.gz」があるが「0.27.0 だと動かないので注意! 0.25.4 にしたら動いた。」とあるので「neon-0.25.4.tar.gz」を素直にインストール。

/* neon インストール */
$ cd $HOME/local/src
$ wget http://www.webdav.org/neon/neon-0.25.4.tar.gz
$ tar zvxf neon-0.25.4.tar.gz
$ cd neon-0.25.4
$ ./configure --prefix=$HOME/local --with-libxml2 --with-ssl
$ make
$ make install
swig インストール
/* swig インストール・コマンド */
$ cd $HOME/local/src
$ wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/swig/swig-1.3.29.tar.gz
$ tar zxvf swig-1.3.29.tar.gz
$ cd swig-1.3.29
$ ./configure --prefix=$HOME/local
$ make
$ make install
subversion インストール

「subversion-1.6.2.tar.gz」をインストール。ココの「Get Subversion -> Subversion -> Source code」のところにある「tar.gz」ファイルが最新の様子。

/* subversion インストール・コマンド */
$ wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.6.2.tar.gz
$ tar zvxf subversion-1.6.2.tar.gz
$ cd subversion-1.6.2
$ ./configure --prefix=$HOME/local \
--with-apr=$HOME/local \
--with-apr-util=$HOME/local \
--with-neon=$HOME/local \
--with-editor=$HOME/local/bin/vim \
--with-swig=$HOME/local
$ make

一行だと以下。

$ ./configure --prefix=$HOME/local --with-neon=$HOME/local --without-berkeley-db --enable-swig-bindings=perl --with-swig=$HOME/local/bin/swig --with-apr=$HOME/local/bin/apr-1-config --with-apr-util=$HOME/local/bin/apu-1-config --disable-static

ここで「./subversion-1.6.2/subversion/svnsync/svnsync.1」を「./subversion-1.6.2/subversion/svnversion」にコピーする。「make install」が失敗した場合必要。

$ cp subversion/svnsync/svnsync.1 subversion/svnversion
$ make install

完了。

関連

さくらインターネットでSubversionを使う1 - Movable Type 備忘録
バージョン管理の実際もある。

ラベル:


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google