2008年10月22日水曜日

 

Iterator(イテレータ) - デザインパターン

「iterate」という英単語には「繰り返す」という意味があり、iteratorは日本語で「反復子」と呼ばれる。
何かが沢山集まっているときに、それを順番に指し示していき、全体をスキャンしていく処理を行うためのデザインパターン。
データが何であるか、どういうデータか、ということを知らずにすべてのデータを順番に取得できる、繰り返し処理が出来るようにする、と勝手に解釈します。
for文とかの代わり。何回繰り返すかとか$iを進めて配列ならそれをセットして…といったことをデータ・オブジェクトの方で設計する。
データ総数もオブジェクトで持って、アクセスするたびに次のデータが取得できるようにする。

参考

Iteratorパターン - koshigoewiki:php:デザインパターン
Iteratorパターンはfor文じゃダメなの? - dTblog | design and programming
Javaで。
1. Iteratorパターン - TECHSCORE
Iteratorパターン - 吉田誠一のホームページ
デザインパターン編 第1章 Iteratorパターン - Programming Place Plus
Iterator パターン - Wikipedia

ラベル: ,


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google