2008年12月1日月曜日

 

【rhaco】XMLパーサ - SimpleTagクラスのメソッド

rhaco.org
rhaco-users.jp

関連

XMLパーサ - SimpleTag - さぼてん2008年11月30日

SimpleTagクラスが定義してある「rhaco/tag/model/SimpleTag.php」を読んでみる。右往左往しながら読んでみる。
ドキュメントやリファレンスがないので困る。
あれこれ実行しながら手探りで調べるので、誤解があるかもしれない。詳しい人いたら教えてください。

// インスタンス生成
$xml = new SimpleTag();
// パースするXMLをセット
$xml->set("$code$quot;);
  $code:XML(String)
// XMLをゲット
$xml->get();
  返り値:set()したXML(String)
  get(true)でXML宣言が一行目に挿入される(文字コード注意)
// タグでパース
$tags = $tag->getIn("a");
  返り値:Array
// タグ名を取得
$tag = $tags[0];
$tag->getName();
  出力:a
// タグで囲んだテキストを取得
$tag->getValue();
// タグごと取得
$tag->getPlain();
// タグの属性値(パラメータ)をセット
$tag->setParameter("target", "_blank")
// タグの属性値(パラメータ)を取得
$tag->getParameter("href");
  パラメータがない場合のデフォルト値を第2引数に指定できる(getParameter("class", "default"))
// getParameter()と同じ
$tag->param()
// タグの属性値(パラメータ)を削除
$tag->removeParameter("onclick");
// タグに属性値(パラメータ)が存在するか
$tag->isParameter("id");

ラベル:


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google