2009年1月28日水曜日

 

Concrete5インストール - XREAサーバ

追記:2009/01/29
concrete5.1をインストールしなおして日本語化パッチ入れました。
2009年1月29日 concreet5 日本語化と使用雑感 -

参考サイト

Concrete5 日本語サポートサイトにようこそ - Concrete5 Japan
CMS「concrete5」を試してみた - toytools log
.htaccess - XREA設定

セーフモードでないCGIモジュールPHPとかCookieとかセッションの設定。次の手順に記載。

CORESERVER.JPでConcrete5日本語版を動かす - 飽きたら消すよ。
Concrete5をXreaで動かしてみる日。 - ONE/ONE

.htaccess設定の根拠。

XREAにConcrete5をインストール - Vox

インストール方法

一般的な手順。

  1. ダウンロード
    http://www.concrete5.org
  2. 解凍
    ダウンロードしたら解凍
  3. サーバにアップロード
    ここでは「public_html/concrete/」にする
  4. アクセス権限の設定変更
    書き込みを権限777に変更
    config/
    files
    files/onstates
    files/cache
    files/trash
    files/avatars
    files/thumbnails
    
    ※「files/」以下のディレクトリは自分で作るか、SSHでchmod
  5. .htaccessの設定
    /* .htaccess */
    
    mod_gzip_on Off
    AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
    php_flag session.use_cookies On
    php_flag session.use_trans_sid Off
    
  6. インストール画面にアクセス
    ここでは「http://example.com/concrete/」
  7. データベースの設定を入力
    サイト名とサーバとデータベース名とパスワードとデータベースユーザを入力。 ※サーバは「localhost」で良い
  8. インストール完了
    ログインIDとパスが表示されるので忘れないように
自分の場合

「.htaccess」が本当に必要かと一行ずつ追加してったり、エラーでてから権限とかも変更していったからか、四苦八苦。
こんなに簡単でいいのかと各所で言われるインストールでエラーが消えず。
具体的には、インストール後にsession_start()エラーがずっと出てて、あれこれやって、仕方ないのでデータベース設定ファイル「config/site.php」を削除して、エラーが出てる「concrete/startup/session.php」の「session_start()」をコメントアウトしてから再インストールして、その後コメントアウトを外した。

ラベル:


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google