2010年2月11日木曜日

 

【Xoops】仮想パス

「http://[Xoopsパス]/xoops/modules/pico/index.php?content_id=1」(デフォルト)などを「http://[Xoopsパス]/modules/pico/content0001.html」などにする

『管理メニュー』->『pico』->『一般設定』
『wrapsモードを有効にする』と『mod_rewriteモードを有効にする』を『はい』にする。

「http://[Xoopsパス]/modules/pico/content0001.html」などを「http://[Xoopsパス]/modules/pico/contact」などにする

  1. 『管理メニュー』->『pico』->『一般設定』
    『wrapsモードを有効にする』と『mod_rewriteモードを有効にする』を『はい』にする。
  2. 「/[xoopsインストールディレクトリ]/xoops/modules/pico」ディレクトリ
    「.htaccess.rewrite_wraps」のファイル名を「.htaccess」に変更。(「.htaccess.rewrite_normal」ではないので注意)
  3. 『管理メニュー』->『pico』->『コンテンツ一括管理』又は『コンテンツ作成』
    『仮想パス』の欄に「/contact」(バックスラッシュ必須)などと入力すると、その記事へのパスが「http://[Xoopsパス]/modules/pico/contact」になる。
    /contact.html」も可能。

参考

picoでの仮想パス - うさぎにもできるXOOPS Cube入門♪
pico|リファレンス - Wander Wonder xField

参考書

XOOPSでつくる!最強のコミュニティサイト
XOOPSでつくる!最強のコミュニティサイト
XOOPSによるポータルサイト構築―オープンソース徹底活用 (オープンソース徹底活用)
XOOPSによるポータルサイト構築―オープンソース徹底活用 (オープンソース徹底活用)
XOOPS入門 ―― ひとが集まるWebをつくる。
XOOPS入門 ―― ひとが集まるWebをつくる。
XOOPS Cube Legacy デベロッパーズ・バイブル
XOOPS Cube Legacy デベロッパーズ・バイブル
Customizing XOOPS ~自由にデザイン・自在にHack
Customizing XOOPS ~自由にデザイン・自在にHack

ラベル:


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google