2010年4月3日土曜日

 

【CMS】サーバインストール型tumblog - Chyrp【オープンソース】

Chyrp
環境
PHP >= 5.1.3
MySQL 4.1+, or SQLite 3+ with PDO
追記:2010/04/07
Chyrp is available under the GNU General Public Licence (version 3) for your hacking pleasure,
Build your own Tumblog with Chyrp - Download Squad

ライセンスはGPL3のようなので商用も可能のよう。

以下のリンクの方が分りやすいので参照。
XREAレンタルサーバにインストールしたので、それ対応の解決策は最後に。

Chyrp備忘録(バージョン2.0) - AZ store

ダウンロード

Download - Chyrp

現在、ver.2.0が最新。

アップロード

解凍したディレクトリをサーバにアップロード。
(「public_html/」直下など)
同じディレクトリに「uploads/」ディレクトリを作成。

インストール

アップロードしたディレクトリの「install.php」にアクセスする。
(「http://example.com/install.php」など)

「.htaccess」の作成

表示された内容を「.htaccess」として作成し、他のファイルと同じディレクトリにアップロード。

属性の変更

以下のディレクトリの属性を「0777」に変更する。

includes/
includes/caches
uploads/
データベースの設定 - 『Database Setup』

データベース接続の情報を入力。

サイトの設定 - 『Website Setup』

サイトのタイトル、説明、ロケーションを入力。

サイト管理者の設定 - 『Admin Account』

サイト管理者のアカウント、パスワード、メールアドレスを入力する。

完了

インストールの完了。「install.php」を削除。
画像は「includes/caches/」に権限を与えてない時の警告。

あとは管理画面にログインして、テーマやモジュールをインストールしたり「tumblr」と同様の投稿フォーマットにする「feather」を有効にしたりする。
いくつかの「module」と「feather」は一緒にアップロードされている。

XREAレンタルサーバ用の対策

Zlib(gzip)の無効化

インストールしてサイトを開いたら、<だけが表示され真っ白な状態になった。
以下の部分をコメントアウトして対応。

「includes/common.php」
/* includes/common.php */
/*
    if (!AJAX and
        extension_loaded("zlib") and
        !ini_get("zlib.output_compression") and
        isset($_SERVER['HTTP_ACCEPT_ENCODING']) and
        substr_count($_SERVER['HTTP_ACCEPT_ENCODING'], "gzip")) {
        ob_start("ob_gzhandler");
        header("Content-Encoding: gzip");
    } else
*/
        ob_start();

ChyrpではZlib(gzip)対応していれば、出力を圧縮して処理を軽くする様になっている。
XREAではZlibが存在するのでif文に従い「ob_start("ob_gzhandler")」が処理されるが、使えないようになっているようで、エラーになり表示されないと予想。

「includes/lib/gz.php」

次に、jsファイルの読込みをする「includes/lib/gz.php」も「extension_loaded("zlib")」のif文をコメントアウトする。
jsファイルが読み込めず、管理画面で『Modules』『Feathers』『Themes』のインストールが出来ない。
(無効のプラグイン一覧から有効にドラッグ&ドロップする)

/* includes/lib/gz.php L.9〜 */
/*
    if (extension_loaded('zlib')) {
        ob_start("ob_gzhandler");
        header("Content-Encoding: gzip");
    } else
*/
        ob_start();

Zlibが有効なら、jsファイルを圧縮して送る処理のよう。

追記:2010/04/05
「includes/helper.php」
/* includes/helper.php L.4〜 */
    # Since the header might already be set to gzip, start output buffering again.
/*
    if (extension_loaded("zlib") and !ini_get("zlib.output_compression") and
        isset($_SERVER['HTTP_ACCEPT_ENCODING']) and
        substr_count($_SERVER['HTTP_ACCEPT_ENCODING'], "gzip")) {
      ob_start("ob_gzhandler");
      header("Content-Encoding: gzip");
    } else
*/
      ob_start();

改めて全ディレクトリ検索して「ob_start("ob_gzhandler")」をコメントアウト。
ログイン・ログアウト時のページ遷移が上手くいかない。

セーフティーモード

サイトの設定ファイル「includes/config.yaml.php」が、インストール後に作成される。所有者がApacheの為、セーフティーモードでは編集できないので、管理画面からの設定変更でエラーになる。
なので、「.htaccess」にCGI版の設定をするか、「config.yaml.php」をダウンロードして削除し、アップロードし直せば良い。

ラベル: ,


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google