2010年11月9日火曜日

 

【WordPress】プラグイン-More Fields

More Fields - WordPress
[WordPress]More Fields - www.gnnk.net
・日本語化ファイル
More Fieldsの使い方 - wordpressを極メル Heaven


カスタムフィールドを『ボックス』というグループとして纏めて扱います。『Detail』と『more-fields』のボックスが有ります。


『Add new input box』で追加する画面です。カスタムフィールドを投稿用・ページ用、又は両方に使うか選べます。ボックス名はテンプレートで使うかもしれないので、日本語ではない方が良いのかもしれません。


『edit』でカスタムフィールドを編集します。『Add new Field』で追加します。


カスタムフィールドの設定をします。


『Field title』はフォームのラベルの様なものです。『Custom field key』はテンプレートで値を取得する時に使うかもしれないので、日本語ではない方が良いかもしれません。『Caption』はフィールドの説明です。フォーム要素の下に表示されます。


セレクト・ラジオ・チェックボックスの選択要素は「,」で区切って、デフォルト値には「*」をつけます。


ボックスにカスタムフィールドが追加されました。


ページの新規追加ではこのように表示されます。ボックス名の『more-fields』、『Field title』の『所在地』、『Field type』はセレクト、『Caption』が表示されてます。
『Values』に入力したリストが選択出来ます。デフォルト値は『関東』です。

テンプレートでの使い方
設定した日本語の『Field title』を使いたいので、このようになります。
テンプレートを編集するのが苦でなく、キーと値だけ使うのであれば普通のカスタムフィールドの使い方で良いと思います。
「More Fields」の関数がいくつか有りますが、クラスの仕様が変わったのか、そのままでは使えませんでした。

/* テンプレートファイル */
  $mf =$more_fields->data_loaded[_plugin]['more-fields'];
  foreach ($mf[fields] as  $value ) {
    $fields[$value['key']]=$value;
  }
    more_fields($fields['address']['key'],"<p>$fields['address']['label']:","</p>");
/* 出力例 */
<p>所在地:関東</p>

ラベル:


コメント: コメントを投稿

登録 コメントの投稿 [Atom]



この投稿へのリンク:

リンクを作成



<< ホーム

This page is powered by Blogger. Isn't yours?

登録 投稿 [Atom]

Google